コールセンターのパートは主婦でも大丈夫?体験談やメリット・デメリット

パート・アルバイト

主婦の方がコールセンターのパートで働く際の大変さや魅力、仕事選びのポイント、そしてメリット

多くの求人情報で見かける、コールセンターのパート職。

多くの女性が電話でお客様とコミュニケーションをとる仕事が提供されています。

主婦の方にとって、なぜコールセンターのパートが魅力的なのでしょうか?

仕事内容、雇用条件、魅力、適性などについて詳しく紹介します。

 

コールセンター 主婦のパートとしての魅力

コールセンターの求人情報を見ると、「主婦が活躍中!」「多くの主婦が働いています」という記述が見られます。

コールセンターのパートは、主にお客様と電話対応を行う仕事です。

通信販売の注文受け、宿泊施設の予約受付、カードや保険の申し込み確認、商品の使い方に関する質問への対応など、さまざまな業界や企業で需要があります。

実際、コールセンターは独立した企業として存在している場合もあり、それに伴い多くの労働力が必要とされるため、求人数も多いのです。

 

主婦がコールセンターで活躍している理由

コールセンターの仕事では、お客様と電話でコミュニケーションをとることが主要なタスクです。

このため、柔らかな口調と冷静なコミュニケーション能力が不可欠です。

 

主婦は、日常生活でさまざまな人とコミュニケーションをとる機会が多いため、柔軟な口調と高いコミュニケーションスキルを持っていることが多いです。

 

子供とのコミュニケーションやPTA活動、ママ友との交流、親戚との交流など、主婦は日々の経験を通じてコミュニケーション能力を磨いています。

そのため、コールセンターの仕事はその経験を活かしやすいと言えます。

 

また、コールセンターのパートは日中の仕事が多いため、主婦が家事や育児の合間に働きやすい時間帯に適しています。

さらに、オフィス内でのデスクワークが主なため、体力的な負担が少なく、外見や年齢についてもあまり気にしなくて済むのが魅力です。

 

コールセンターの仕事の種類

コールセンターの仕事は主に「受電」と「発信」の2つのタイプがあります。

受電の仕事(インバウンド)は、お客様からかかってきた電話に対応する仕事です。

具体的な業務内容は以下の通りです。

 

・通信販売の注文受け

・宿泊施設やイベントの予約受付

・カードや保険の申し込み受付

・製品やサービスに関する質問への対応(カスタマーサポート)

・情報システムなどの操作方法に関する質問への対応(テクニカルサポート)

 

 

一方、発信の仕事(アウトバウンド)は、お客様に電話をかける仕事です。

 

具体的な業務内容は以下の通りです。

 

・商品やサービスの営業を目的としてアポイントメントを取る(テレアポ)

・商品やサービスの販売促進を行う(テレマーケティング)

・既存の顧客からの調査目的で電話をかける(テレフォンサーベイ)

・登録スタッフに派遣の仕事を紹介する

・既存の顧客に新商品の案内をする

 

受電の仕事は比較的高い時給が設定されていることが多く、成果に応じてインセンティブ支給制度を導入している職場もあります。

一方で、発信の仕事は収入を増やすために効果的な選択肢として人気があります。

 

コールセンターの仕事のやりがいと大変な点

実際にコールセンターで働いている人たちにとって、どのような点がやりがいや大変さとして感じられるのでしょうか?

実際の経験をもとに、いくつかの声を紹介しましょう。

 

クレーマーや要求が厳しい顧客との電話に耐える必要があるため、精神的に強い人や冷静な対応ができる人に向いています。

特に夜勤や早朝の勤務では、高い時給が提供されるため、副業としても適しています。

コールセンターは多くの主婦が働いており、シフトの調整がしやすいため、急な休みも相談しやすいと感じる人が多いです。

クレーム対応の仕事が多いが、独自の方法でストレス解消を試みることができ、前向きに楽しむことも可能です。

 

最初、慣れないうちはクレーマー対応などの仕事に苦労することはあるみたいですが、慣れてしまえば、時給もいいのでこの仕事を長く続けたいという方が多いみたいです。

さらにコールセンターの経験は、電話対応のマナーやキーボード入力スピードを向上させることにつながり、事務職などへの転職に役立つことがあります。

コールセンターの仕事では、さまざまな顧客からの電話に応答する必要があるため、大変なこともありますが、その分確実に対応力や冷静な判断力がつきますし、やりがいも感じられるでしょう。

 

スキルや経験の活かし方

コールセンターの仕事に適しているのは、人とコミュニケーションを取ることが好きな人ですが、具体的なスキルや経験も活かせます。

怒りっぽくならない性格や、さまざまな人とのコミュニケーションに適応できる能力は重要です。

主婦は、日常生活でさまざまな人とのコミュニケーションをとる機会が多いため、これらのスキルを持っていることがあります。

また、コールセンターで働くためのマニュアルや研修が提供されているため、ビジネス電話に慣れていない人でも安心です。

電話対応と同時にパソコン入力も行う場合があるため、専用のソフトウェアを使用して基本的なデータ入力を行うことが一般的です。

コールセンターではエスカレーションルールやスーパーバイザー(SV)に相談できる体制が整っている場合も多いため、初めてのオフィスワークにも適しています。

コールセンターの仕事は、主婦にとって多くの魅力がある職種の一つであり、スキルや経験を活かしやすい環境です。

 

まとめ

☆コールセンターの仕事は主に電話対応で、多くの主婦の方がコミュニケーションスキルや柔軟性をその仕事に役立てて活躍している。

☆デスクワークが中心なので体力に自信がない方でも出来るし、時給も高め。

☆はじめはクレーマー対応に戸惑うかもしれないが、慣れると柔軟性や冷静な判断力が身につき、やりがいも感じられる経験値の高い、とてもいい仕事である。

 

私自身の身内がコールセンターの仕事をしていましたが、本人はかなり気に入っているようでした。

クレーマー対応が大変そうなイメージがあるみたいですが、精神力・メンタルが弱い人でさえ慣れてしまえば長く続けたいと思うコスパのいい仕事みたいですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました