着ぐるみの中の人になるには?仕事内容や体験談もご紹介

パート・アルバイト

 

着ぐるみバイトは、一般的には着ぐるみを着用し、お客さんを集めたりステージショーに出演したりする仕事です。

しかし、その実態はアルバイトとしての側面があまり周知されていません。

特定の着ぐるみでは店舗や施設のスタッフが中に入っていることもありますが、イベントなどで着ぐるみを着て集客する場合、日雇いのアルバイトが行うことが一般的です。

 

着ぐるみバイトってやっぱり大変?未経験でも挑戦できる?お仕事内容やお給料、実際の声もチェック!

・着ぐるみバイトって何?
・未経験者も大丈夫?
・良い点・つらい点も知っておこう
・求人探しの方法
・着ぐるみバイトの実際の体験談
・まとめ

 

着ぐるみバイトって何?

着ぐるみバイトとは、イベントやショッピングセンターでキャラクターの着ぐるみを着てお客さんと交流するお仕事です。

PRや写真撮影、握手などで会場を盛り上げ、お客さんを楽しませます。

華やかな一面もあるけれど、着ぐるみの中は暑くて大変と思う人もいます。

 

未経験者も大丈夫?

未経験から挑戦できる着ぐるみバイトもあるけれど、ダンスなどの特殊なパフォーマンスが求められる場合も。

身長制限もあるかもしれないから、条件をよく確認して応募しよう。

心配だったら業務中にサポートしてくれるスタッフもいるから安心して。

 

着ぐるみバイトはこんな人におすすめ

背が低い人や体を動かすことが好きな人、ダンスが得意な人に向いてるかも。

着ぐるみは重くて通気性が悪いから、暑さや重労働に強い人が望ましいよ。

 

良い点・つらい点も知っておこう

休憩が多くて実働時間が短いのはいいけれど、暑さや汗、お客さんの振る舞いに我慢が必要なこともある。

ただ、自分のパフォーマンスで人を笑顔にできるやりがいもあるよ。

 

 

求人探しの方法

1. イベントスタッフ派遣会社に登録し通知を待つ

2. 求人サイトを利用する

3. イベント会社のWEBサイトで求人情報を探す

 

着ぐるみバイトの求人は少なく、人気もあるため、すぐに応募しないと枠が埋まってしまうことが多いです。

イベントが増えるお正月や夏休み、クリスマスなどの時期に求人が増える傾向があります。

興味がある人はこれらの時期にサイトをチェックすると良いでしょう。

 

着ぐるみバイトを経験したYさんの体験談

実際に着ぐるみバイトを経験したYさんの体験談をご紹介します。

 

Q. どんな仕事をしましたか?

キャラクターの着ぐるみを着て、イベントや販促活動に参加しました。3つの現場で活動しましたが、具体的には…

① ショッピングモールでのイベント参加

製菓会社とのコラボイベントで着ぐるみを着用し、お客さんに撮影や握手を提供しました。(実施時期:4月頃)

 

② 化粧品売り場での販売促進

スキンケアメーカーのキャラクター着ぐるみを着て、お客さんとコミュニケーションを図りました。(実施時期:11月頃)

 

③ お菓子売り場での販売促進

製菓会社の着ぐるみを着用し、お客さんと交流を図りました。(実施時期:8月頃)

 

Q. きっかけは?

派遣会社から着ぐるみ販促案件の紹介がきっかけでした。前はスーパーで試食販売をしていたが、着ぐるみ案件があるとの紹介を受けて挑戦しました。

 

Q. 応募条件やスキルは?

身長制限がある場合もありますが、特別なスキルは不要。着ぐるみ内では担当者の指示に従うだけでした。

 

Q. 事前研修は?

特になし。担当者の指示に従って動けばOKでした。

 

Q. 給料は?

日給8,000円。8時間勤務で、休憩含め3~4回の1時間空き時間がありました。

 

Q. 交通費は?

全額支給されましたが、通勤ルートは指定されました。

 

Q. 着ぐるみの中は?

暑さや狭さはありましたが、特に問題はありませんでした。

 

Q. 楽しかった仕事は?

イベントで盛り上がった時や子どもから好評だった時が楽しかったです。

 

Q. 大変だったことは?

暑さや視界の狭さが大変でしたが、サポートがあったため困らなかったです。

 

Q. おすすめの人は?

イベントや子どもが好きな人に向いています。暑さや汗に敏感な人には向かないかもしれません。

 

 

まとめ

着ぐるみバイトは、イベントやショッピングセンターでお客さんと交流する仕事です。

キャラクターの着ぐるみを着て、PRや写真撮影、握手などで会場を盛り上げます。

未経験者でも挑戦できますが、特殊なパフォーマンスや身長制限が求められる場合もあるので条件をよく確認しましょう。

求人は少なく、応募が早い者勝ちのことも。

楽しい面もある一方で、暑さやお客さんとの我慢も必要です。

休憩は多いけれど、汗やお客さんの振る舞いに対する忍耐も求められます。

それでも、人々の笑顔を作り出せるやりがいも感じられます。

興味がある人は、お正月や夏休み、クリスマスなどイベントが増える時期に求人を探してみるといいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました