家電量販店アルバイトの評判。接客は厳しいが、平日は比較的暇で楽との声。

パート・アルバイト

お金を稼ぎたいときアルバイトの選択肢はたくさんありますよね。

アルバイト探しで稼げる仕事が分からない場合、家電量販店でのアルバイトも一つの選択肢となります。

以下では、アルバイト希望者向けに、家電量販店でのアルバイトに適している人の特徴や採用されやすいコツ、働く上でのメリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。

 

家電量販店アルバイトの実際の評判まとめ

☆概ね好評?家電量販店のアルバイトのメリットや働きやすいポイントまとめ

★家電量販店のアルバイトのデメリット・大変なポイントまとめ

☆家電量販店のアルバイトは具体的にどんな仕事をする?

★家電量販店のアルバイトの平均的な時給は?

☆家電量販店のアルバイトで働く人たちは何歳くらいの人が多い?

★家電量販店のアルバイトで採用されやすい・求められているのはどんな人?

 

概ね好評?家電量販店のアルバイトのメリットや働きやすいポイントまとめ

バイト先の家電量販店では、主にフロア担当とレジ担当の2つの役割に分かれています。

フロア担当は商品の陳列や大型商品の梱包、清掃作業を担当し、お客様からの問い合わせにも応じます。

一方で、レジ担当は単に会計だけでなく、保証期間やポイントカードの案内、書類作成、大型商品の配送手続きも行います。

フロア担当は家電に興味がある人にとってはやりがいのある仕事であり、一方でレジ担当は商品に関する豊富な知識がなくても安心して働けます。

メリットとしては、時給が他の小売業よりも高いことと、家電について深く知る機会があることです。

時給は1000円以上で、効率的に収入を得たい方にお勧めです。

また、家電量販店でのバイトを通じて、お客様からの問い合わせや商品の陳列作業を通して、自然と家電の知識が身につきます。

通常の方はネットや雑誌を通じて情報を得ることが一般的ですが、アルバイトを通して実際に商品に触れながら学ぶことができます。

ノルマがなく、平日は比較的すいているため、仕事はリラックスしてこなせます。

社員には販売ノルマがあることがありますが、アルバイトにはその心配はありません。

また、混雑するのは土日祝の休日なので、平日のアルバイトは比較的余裕があります。

さらに、コミュニケーションスキルの向上も期待できます。

様々な年齢層のお客様とのコミュニケーションを通じて、初めは戸惑うこともあるかもしれませんが、経験を積むうちにスキルが向上します。

家電量販店でのアルバイト経験は、他の仕事やプライベートで役立つでしょう。

 

家電量販店のアルバイトのデメリット・大変なポイントまとめ

仕事では、増えるお客様対応のために土日祝のシフトに入ることがよくあります。

これにより、平日に働いている友達との交流機会が減少し、家族がいる場合は休日のゆっくり過ごす時間が制約されることがあります。

家電量販店での接客は幅広い顧客層を対象にしています。

細かい言葉遣いや知識の不足がクレームに繋がることがよくあり、また販売店の責任ではない初期不良や故障についても店頭での対応が求められることがあります。

これにより、苦情が増えると精神的に厳しい状況になることがあります。

新商品の知識を身につけることは非常に困難です。

電化製品の開発スピードが速く、メーカーごとに特徴が異なり、お客様からの問い合わせも多岐にわたります。

インカムが支給されているため、分からないことは社員に尋ねることができますが、十分な商品知識を身につけるのは大変です。

売り場担当の場合、広いフロアを歩き回ったり、レジ担当では立ちっぱなしで接客することが求められます。

これが続くと脚が疲れたりだるくなったりするため、仕事が終わると身体的にも大変な状態になります。

 

家電量販店のアルバイトは具体的にどんな仕事をする?

商品の配置担当者

電器量販店での仕事には、商品の配置担当者とレジ担当者の2つの役割があります。

配置担当者は主にお客様へ商品に関する案内や陳列作業などが主な仕事です。

このポジションでは、正確な商品知識と効果的なコミュニケーションが重要となります。

初めは販売スタッフのサポートとして、社員と協力して仕事に取り組み、商品に関する深い知識を身につけていきます。

一定の経験を積み、お客様対応が確立されると、CD-RやDVDなどの特定のセクションを担当することが期待されるでしょう。

レジ担当者

レジ担当者は、クレーム対応、会計、修理受付などを中心に業務を行います。

特に女性スタッフは、レジ業務を担当することが一般的です。

土日や祝日は多くの顧客が訪れるため、待ち時間が増え、平日よりもクレーム対応が多くなることがあります。

また、忙しい場合には売り場で販売スタッフのサポートも行うことがあります。

商品のデリバリーアシスタント

配置担当者やレジ担当者以外にも、商品のデリバリーアシスタントのアルバイトがあります。

重い家電製品を移動させる仕事なので、一定の力が必要です。

そのため、この仕事は男性スタッフにとっては女性スタッフよりも適しているかもしれません。

 

家電量販店のアルバイトの平均的な時給は?

時給の平均は?

アルバイトの中で、家電量販店の時給は他の仕事に比べて高水準です。

時給の平均は1000円から1500円の範囲にあり、例えば秋葉原や新宿などの競争激しいエリアでなくても十分に収入を得ることができます。

ただし、地方の場合は都心よりもやや時給が低い傾向が見られます。

土日のみ働く場合の月収

平日に他の予定があるため、土日だけ働く人でも十分な収入を得ることができます。

例えば、週2回の土日のみのシフトで毎月平均で約10万円を稼ぐことが可能です。

家電量販店のアルバイトは、平日に働けなくても土日の労働時間が長い傾向があるため、土日だけでも高収入を目指せます。

 

時給を上げるコツとは?

時給を向上させたい場合、土日や祝日にシフトを組むのが有効です。

これらの日は平日よりも来客が多く、店舗としては時給を上げてでも多くのスタッフに働いてもらいたいと考えます。

したがって、できるだけ多くの収入を得たい場合は、平日以外の日に働くことが良いでしょう。

また、売上成績が優れていたり、研修を受けて知識を身につけた場合は、高い給与を受け取ることができます。

アルバイトであっても、努力と成績によっては時給が1700円に達することもあります。

アルバイトをする人は、自身の努力次第で時給向上の可能性があるので、その点を理解しておくと良いでしょう。

 

家電量販店のアルバイトで働く人たちは何歳くらいの人が多い?

 

家電量販店でのアルバイトは、18歳から30代半ばの範囲で、男女問わず多くの人が従事しています。

男性の方がやや多く、大学生で小遣い稼ぎをしたい人や元々家電に興味を持っている人が多く見られます。

女性は、人との交流が好きな人や、既婚者で空き時間を有効活用したい人がアルバイトをしています。

年齢に厳格な制限はなく、若い方であれば高校生でも問題なく働けます。

そのため、家電量販店のアルバイトを考える際には、特に自分の年齢を気にする必要はありません。

興味がある方は、まずは面接を受けることから始めましょう。

 

家電量販店のアルバイトで採用されやすい・求められているのはどんな人?

コミュニケーションスキルを活かしたい

給与が魅力的でも、まずは家電量販店のアルバイトとして選ばれないと前に進みません。

採用されるためにはノウハウが必要で、それを理解してから面接に臨むことが大切です。

店舗は売上を伸ばすことが最優先なので、アルバイトに期待されるのは多くのお客様に商品を購入させるスキルです。

その際、必須なのがコミュニケーションスキルで、愛想がないとお客様の印象が悪くなります。

アルバイトとお客様の対話で好印象を残せれば、店への信頼度も向上し、商品の購買にも繋がりやすくなります。

したがって、面接時に人との交流が好きなことを力強くアピールすると、採用される可能性が高まります。

 

率直な質問が大切

指示されたことを素直に受け入れ、それを着実に行動に移す人物も、店舗から求められる理想の人材です。

上司との相性が合わなくても、指示に従わずに行動しない人は店舗からは望まれません。アドバイスを真摯に受け入れる姿勢を持っていれば上司に好印象を与え、職場の雰囲気も向上するでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました