専業主婦の仕事復帰が不安?ブランクの不安や準備すること・注意点を解説

ブランク・社会復帰

専業主婦からの復帰やブランク期間の不安を解消する方法とポイントをご紹介

結婚前は働いていたけれど、子育てのために専業主婦になった方は珍しくありません。

専業主婦の経験があっても、将来的にはキャリアや家計のために復帰を考える方もいます。

この記事では、専業主婦が社会復帰する際の注意点や不安要素について解説しますので、ぜひご覧ください。

 

専業主婦の社会復帰に関する諸問題

✓専業主婦が感じる3つの復帰時の不安

✓専業主婦が社会復帰する3つのメリット

✓専業主婦が社会復帰する前に準備すべき3つのこと

✓専業主婦が社会復帰する際の雇用形態別の考慮すべきポイント

✓専業主婦の社会復帰でアピールできる3つの強み

✓専業主婦が社会復帰で活躍しやすい仕事の例

✓専業主婦の社会復帰に関するよくある質問

✓まとめ

 

専業主婦が感じる3つの復帰時の不安

専業主婦が復帰を考える際には、子供のことや仕事との両立、職場でのコミュニケーションなど、様々な不安が出てくるでしょう。

以下では、これらの不安に焦点を当ててみます。

 

1. 子供の健康問題が職場に与える影響

子供が急に体調を崩した場合、職場への影響を心配することがあります。

協力的な職場であっても、欠勤や早退が続くと周囲に迷惑をかけたと感じるかもしれません。

この板挟みの状況はストレスを与えます。

 

2. 仕事の速度に追いつけるか

資格があっても実務経験が不足していたり、長いブランクがあると、仕事の速度に不安を感じることがあります。

技術の進歩に伴い、仕事のやり方も変わっています。

新しい方法に適応できるか、ベテランたちと同じペースでついていけるか、という心配もあります。

 

3. 職場でのコミュニケーション

職場への復帰で最も戸惑うのはコミュニケーションです。

言葉遣いや態度が問題を引き起こす可能性があります。

フレンドリーな職場であっても、正規雇用であっても、ビジネスマナーは必要です。

子供の体調不良での早退や欠勤もあるかもしれないので、職場との良好なコミュニケーションが重要です。

 

専業主婦が社会復帰する3つのメリット

専業主婦が再び社会に出ると、人間関係が広がったり、経済的な余裕ができたりします。

以下では、専業主婦が社会復帰する際の3つの利点をまとめました。

 

1. 新たな社会的つながり

専業主婦は普段、家事や子育てに追われるため、外部とのつながりが限られています。

しかし、再び社会に出ることで、職場での交流や新しい知識の獲得が可能になります。

自分の時間を持つことで、社会とのつながりを感じられるでしょう。

 

2. 刺激を受ける機会

職場で経験を積む中で、新たな目標ややりがいを見つけることができます。

努力が評価される環境であれば、キャリアアップも期待できます。

仕事を通じて刺激を受けることで、生活に新たな活力が生まれます。

 

3. 経済的な余裕

再就職により、家計に余裕が生まれます。

節約や工夫も大切ですが、収入が増えることで生活の楽しみが増えるでしょう。

経済的な余裕があれば、心にもゆとりが生まれます。

 

専業主婦が社会復帰する前に準備すべき3つのこと

就職後の安心感を得るために、家事のサポートやビジネスマナーの復習が重要です。

以下では、専業主婦が社会復帰する前に行うべき大切な準備を3つご紹介します。

 

1. 家事や育児のサポートを確保する

仕事中でも子供が安心して過ごせるよう、保育園やファミリーサポートセンターなど、安心できるサポート先を探しておきましょう。

また、家事の負担を軽減するために、家事代行サービスや便利な家事支援ツールを活用することも考えましょう。

 

2. 社会人としてのマナーを再確認する

ビジネス環境は常に変化しています。

ビジネスマナーについての知識をアップデートし、社会復帰に備えましょう。

これにより、職場での円滑なコミュニケーションやプロフェッショナルな振る舞いが期待できます。

 

3. 簡単なスキルアップを行う

就業に役立つスキルや資格を取得することで、自信を持って仕事に取り組めます。

PC操作やタイピングスキルの向上、専門知識の習得など、就職後のスムーズな業務遂行に役立つスキルを身につけましょう。

 

専業主婦が社会復帰する際の雇用形態別の考慮すべきポイント

専業主婦が社会復帰を考える際には、正社員、アルバイト、契約社員などさまざまな雇用形態が選択肢としてあります。

以下では、それぞれの雇用形態の利点と欠点について解説します。

 

1. 正社員の場合

正社員の利点は、安定した雇用契約と給料の固定給が挙げられます。

昇給や賞与などの制度も充実しており、社会保険や福利厚生も整っています。

これにより、安定した生活を築くことができます。

一方で、時間の拘束や仕事の責任が重いというデメリットも考えられます。

 

2. アルバイト・パートの場合

アルバイトやパートの利点は、自身の都合に合わせて働ける柔軟性があります。

また、Wワークもしやすいため、家庭との両立がしやすいと言えます。

しかし、時給制であり、給与や待遇面での不安定さがデメリットとして挙げられます。

 

3. 契約社員の場合

契約社員の利点は、残業や異動が少ないことや、定時に帰りやすいことが挙げられます。

また、業務範囲が限られることで、仕事と家庭の両立がしやすいでしょう。

しかし、契約が更新されない場合には次の仕事を見つけなければならない点がデメリットとして考えられます。

 

専業主婦の社会復帰でアピールできる3つの強み

ハウスキーパー

社会復帰を目指す際、専業主婦ならではのアピールポイントが存在します。

それは、「コミュニケーション能力」「段取り力」「サポート・調整能力」の3つです。

これらの能力は、専業主婦としての経験から自然に身についていることもあり、自信を持って社会復帰を果たしましょう。

 

1. 地域社会や親交の中で磨かれたコミュニケーションスキル

地域社会やママ友との交流を通じて培われたコミュニケーション能力は、どの職場でも役立ちます。

緊張せずに話し合いを進めたり、相手の立場を理解しながら対応することができる人は、アピールポイントとして活かしましょう。

 

2. 家事経験から得られた効率的な段取り力

家事や育児を通じて磨かれた段取り力は、仕事でも大いに役立ちます。

例えば、訪問介護の場合、時間厳守が求められるため、効率的な行動が重要です。

日常生活で培った経験を活かして、仕事においても効率的に動くことができるでしょう。

 

3. 家族へのサポートで養われた調整能力

家族や身近な人々へのサポートを通じて培われた調整能力は、仕事でも大いに役立ちます。

意見の調整やバランスの取り方は、チームのまとめ役やリーダーとしての役割を果たす上で重要なスキルです。

家庭で培った経験を活かして、仕事でも周囲との調和を図りましょう。

 

専業主婦が社会復帰で活躍しやすい仕事の例

自分の得意分野や専業主婦として培った経験を活かして、自信を持って働くことができます。

以下では、専業主婦が社会復帰で活躍しやすい仕事を紹介します。

 

1. 事務職

事務職には、一般事務や営業事務、医療事務、介護事務などがあります。

専業主婦としての経験を活かせる分野であれば、知識や経験を生かして活躍できるでしょう。

また、デスクワークが主体なので身体への負担が少ないのも魅力です。

 

2. 家事代行スタッフ

家事代行スタッフは、専業主婦として培った家事のスキルを活かせる仕事です。

掃除や洗濯、調理、買い出しなどの家事を依頼主の自宅で行います。

給与も比較的高い場合が多く、スキルを活かしながら収入アップを目指せます。

 

3. 介護職

介護職では、専業主婦が持っているコミュニケーション能力や家事能力、サポート力が活かせます。

研修制度が充実している職場も多く、未経験やブランクがあっても働きやすい環境です。

夜勤のある施設や日勤のみの施設など、自身のライフスタイルに合わせて選択できるのも魅力です。

介護職を検討する際は、介護業界に特化したエージェントの利用も検討してみてください。

レバウェル介護(旧 きらケア)などのエージェントは、希望条件や経験に合わせた求職活動のサポートを行っています。

 

専業主婦の社会復帰に関するよくある質問

もし「子供が成長したので再び働こうかな?」とお考えの方がいれば、以下の回答をご覧ください。

 

主婦①
主婦A

35歳まで専業主婦をしていたけれども、社会復帰は可能ですか?

 

A.介護職は年齢に関係なく始められる仕事です。

経験や資格がなくても働きやすい環境が整っており、専業主婦で介護の経験がない方でも社会復帰しやすい職種です。

介護職では利用者の身の回りの世話が主な業務となります。

食事の準備や洗濯、掃除、買い物など、家事スキルを活かせる場面が多いです。

家事に慣れた専業主婦は、即戦力として活躍できるでしょう。

 

主婦④
主婦B

専業主婦が社会復帰をする際に取得しておくべき資格はありますか?

 

A.専業主婦が介護職での社会復帰を目指す場合、取得しておくべき資格は「介護職員初任者研修」です。

この資格は、介護に関する基礎的な知識やスキルを持っていることを証明します。

未経験や無資格でも働ける介護職ですが、資格を持っている方が採用される可能性も高いです。

受講資格が制限されていないため、誰でも挑戦できる資格です。

社会復帰を目指す前に資格取得を目指しておくと良いでしょう。

 

まとめ

専業主婦が社会復帰すると、社会とのつながりや収入を得られるメリットがあります。

主婦やブランクがあっても未経験者歓迎の求人があるので、専業主婦からの社会復帰は可能です。

事務職や家事代行スタッフ、介護職など、過去の経験や能力を活かして働ける職種が多くあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました