タクシー運転手不足で白タクシー問題が深刻化!日本型ライドシェアの登場に期待

時事ニュース

ヤフーニュースより:https://news.yahoo.co.jp/articles/e25b159abc9ddaef8fdd228d0bdd61aed201d24d

深刻化するタクシー運転手不足と白タクシー問題

新千歳空港や札幌市内での交通事情が深刻化しています。

例えば、新千歳空港では観光客の増加で、タクシードライバーが不足し、観光客らを無許可で送迎する「白タク行為」が横行しています。

 

タクシー運転手の需要が増加

タクシー不足は、さまざまな要因によって引き起こされています。

例えば、冬季のスキーリゾートや夏の観光シーズンなど、特定の時期にタクシーの需要が急増し、供給が追いつかなくなることがあります。

また、地域住民が利用する需要も増加しており、これに対応するためにはより多くのタクシー運転手が必要とされています。

 

タクシー運転手不足と白タク行為の現状の対策

現在、新千歳空港では白タク行為に対する取り締まりが強化されていますが、問題解消には至っていません。

一方、札幌市では相乗りサービスが導入され、利用者にとって選択肢が広がりつつあります。

札幌のタクシー会社が始めた『アイタク』という12月~3月限定で行っている相乗りサービスがあります。

この相乗りサービスでは、複数の人が同じ車で目的地に向かうことで、交通費を最大20%程度節約できるようになります。

例えば、札幌駅から円山動物園に行く際に、同じ方向に行く他の観光客と一緒にタクシーを利用することで、移動費を削減することができます。

 

日本型ライドシェアの導入

4月からは日本型ライドシェアの導入が予定されています。

日本型ライドシェアとは?

運転手:タクシー会社と契約した普通免許(第一種)所有者

条件:タクシー不足の地域・時期・時間帯に限定

運賃:タクシー料金の約8割

この新しいサービスは利用者がアプリを通じて車を予約し、タクシーとして利用することができる仕組みです。

「日本型ライドシェア」が海外のライドシェアと異なる点は個人(運転手)と個人(利用客)の間にタクシー会社が入っているということです。

現状、予約や料金システム、トラブルや事故時の対応や責任を基本的にはタクシー会社が負う形にすることで運転手、利用客、タクシー会社の3者それぞれにメリットがあるということになります。

これにより、タクシー不足や高額な交通費の問題が解消され、利用者はより便利に移動できるようになります。

ウーバーイーツの車版的な感じというとイメージしやすいですかね?

 

課題もあるが期待も大きい

日本型ライドシェアの導入には、一部のタクシー業者の影響や安全性の確保などの課題があります。

しかし、新しいサービスの普及によって、より多くの人々が手軽に移動できる環境が整えられ、観光客や地元の人々にとって快適な移動手段が提供されることが期待されます。

また、日本型ライドシェアの導入により、地域経済や観光産業の活性化も期待されます。

 

まとめ

タクシー不足が深刻化する中、相乗りサービスや日本型ライドシェアの導入に期待が寄せられています。

しかし、この新しいサービスが導入されるにあたって、いくつかの問題が予想されます。

例えば、ライドシェアの車が増えることで、一部のタクシー業者が影響を受ける可能性があります。

また、運転手や利用者の安全面やサービスの質の確保も課題です。

これらの問題に対処するためには、適切なルールや法律の整備が必要です。

また、運転手や利用者が安心してサービスを利用できるような仕組みづくりが求められますので、今後の動向に注目が集まります。

新しい交通手段の普及により、地域全体の交通事情が改善され、移動がより便利になることを期待しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました