ミスタードーナツのバイトのまかないは?仕事内容や評判・体験談まとめ

パート・アルバイト

ミスタードーナツは、幅広い年齢層に愛される人気のある店舗です。
独立店からショッピングモールや駅構内の店舗まで、さまざまな形態で展開されています。
ここでは、ミスドでの副業を考えている方に向けて、そのメリットとデメリットについて詳しくお伝えします。

 

ミスドでのバイトの良い評判

・他の飲食店のバイトに比べて、簡単で朝の時間帯が楽です。

・高校生や大学生、主婦にとって人気のアルバイト先であり、キッチンと接客の両方の業務があります。

・ドーナツが主力商品なので、他の飲食店のバイトよりもメニュー提供が簡単です。

 

昼の時間帯はランチメニューの注文が増えて忙しい一方で、朝は客数が少なくシンプルな注文が多いです。
朝のシフトは比較的楽でおすすめです。

また、店舗ごとに同年代の仲間が複数いるため、打ち解けやすく働きやすい環境です。
休憩時間や終業後には、みんなでくつろいだり食事に行ったりすることもあります。
年齢を超えた友人ができるのも魅力の一つです。

ミスドでのバイトのメリットの一つは、休憩中にドリンクやまかないとしてドーナツが食べられることです。甘いものが好きな人にとっては魅力的な待遇です。

さらに、新商品が登場すると従業員は試食することができます。

お客様からの質問に答えられるようにという理由で、特別に高価な商品を先に試食できるのは嬉しい特典です。

店舗によって異なりますが、従業員は割引価格でドーナツを購入したり、休憩時間に一定範囲内でドリンクやドーナツを楽しむことができます。

キッチンスタッフの主な仕事はドーナツ作りですが、作業自体が楽しく、バイトを苦に感じないという声も多いです。
かわいいキャラクターや季節限定のドーナツを作る喜びを味わうことができます。

 

ミスドでのバイトのデメリット

以下の内容がデメリットとして挙げられていました。

 

・セール期間が忙しいことや、油物の掃除が大変

ミスドでは、年に数回ドーナツがコラボキャンペーンなどのセールを行います。
この期間は広告がたくさん出され、客数が通常よりも大幅に増加し、非常に忙しくなります。
また、期間限定で人気キャラクターの商品を販売することもあり、品切れが起こると熱心なファンからクレームが寄せられることもあります。

また、調理場や販売エリアはドーナツの油で汚れており、洗浄や掃除に時間がかかります。
洗剤によって手が荒れることもあります。

 

・ミスドの清掃は徹底的

ダスキンが運営しているため、ミスドは毎日徹底的な清掃を行います。
シフトにかかわらず、勤務の開始時には清掃から始まります。
閉店時には、シンクや床の徹底的な掃除が行われます。
バイトの手に余裕がある場合は、客席の清掃や店舗周辺の掃除なども行います。

 

・身体に油やニオイがつく&ネイルが禁止されている

ドーナツの調理には油が使われるため、シフト中は油のニオイが服や髪につくことがあります。
また、手袋をしていても油が飛び散り、不快な感触が続くこともあります。

さらに、ミスドのバイトではネイルが禁止されています。
バイトに行くたびにネイルを落とさなければならず、爪に除光液を使うことで傷んだり、ネイルを諦めることもあります。

 

 

ミスドでのアルバイトの仕事内容

「売る」か「作る」か、というのが基本です。
当然ですが、ドーナツ屋なので、ドーナツの製造と販売が主な仕事です。
ミスドでは、大まかに販売と製造に分かれており、それぞれ異なる仕事内容と勤務時間があります。

 

「売る」に関わる仕事では、以下のような業務があります。

販売の仕事は、開店前から始まります。
早朝から店舗の準備をし、ドーナツやサイドメニューを陳列し、レジを準備します。
開店後はお客様の対応やレジ打ち、ドリンクの提供などを行います。
閉店後は清掃や在庫の補充を行い、次の日の準備をします。
また、定期的に棚卸や売上集計も行います。

 

「作る」仕事では、以下のような業務があります。

製造の仕事は、早朝から始まります。
朝早くからドーナツの製造を開始し、オープン時にはショーケースを埋める必要があります。
また、売れ行きを見ながら製造を続け、在庫や売り上げに応じてドーナツの種類や数量を調整します。
力仕事が多いため、男性が多く、一部の店舗ではドーナツの製造を行っていない場合もあります。

 

ミスドのアルバイトの給与

平均的な時給は最低賃金と同程度と見込んでおくべきです。
なぜなら、ドーナツの価格は低く、店舗数も多いため、従業員も多くいます。
また、特別なスキルがなくても働けるため、高い時給を期待するのは難しいでしょう。
資格手当などもなく、時給を上げるには長期間働く必要があります。

しかし、時給が急に上がることはまれで、1年で数十円の増加が限度でしょう。
バイトリーダーに昇進すれば時給アップの期待ができますが、それにも勤続年数が必要です。

月収で考えると、例えば時給900円で週4日4時間勤務した場合、約5万7600円です。
副業としては悪くありませんし、休日に長時間働けば収入を増やせるでしょう。

 

ミスタードーナツのバイトの年齢層

幅広い年齢層がアルバイトに携わっています。
高校生から始める人も多く、初めてのアルバイトとして選ぶケースも見られます。
また、ショッピングセンターやスーパー内などに出店しているため、主婦の方も多く見られます。

条件や時間帯によって、中心となる年齢層が異なるのが特徴です。

開店から夕方までは主に主婦層が活躍しています。
自分の家族を送り出してから出勤し、夕食の準備を始める時間に帰宅できるため、この時間帯に主婦が多く見られます。
小さな子供連れのお客様も多いため、主婦の方の細やかな対応が求められます。

夕方以降は、学生が主流となります。
学校や仕事が終わった高校生や大学生が多く来店し、サラリーマンやOLなども利用するため、迅速な対応が求められます。

深夜は、大学生やフリーターが活躍します。
お客様の数はそれほど多くありませんが、長時間滞在するお客様や飲み会から戻るお客様もいますので、経験豊富で体力のあるスタッフが必要です。

店舗や曜日によっても、アルバイトの年齢層は異なります。
学校の近くにある独立店舗では学生が多く、ショッピングセンター内の店舗では主婦が、飲食街の店舗では大学生が活躍しています。
また、平日は学生が主に土日の出勤をメインにしている一方、主婦は家族がいる週末が主になります。

 

ミスドのバイトに応募する際のポイント

明るい笑顔が大事

ミスドのほとんどの仕事は接客業です。
だからこそ、面接では笑顔で明るく、はきはきとした受け答えが求められます。

 

チームワークを重視

仕事はチームで行います。
例えば、自分が商品を補充している間に別のスタッフがお客様を対応している場合、お客様の注文を取り、ドリンクを提供したり、商品をレジに通している最中に包装を手伝ったりすることで、お客様へのサービスが向上します。

特別な資格や経験は不要ですが、協調性をアピールしましょう。

販売や製造の仕事は、個性よりもチームワークを重視します。
一人で黙々と作業するよりも、チームで協力して進める方が効率的です。
そのため、チームプレーヤーであることをアピールすると、採用されやすくなります。

 

 

ミスタードーナツで実際に働いていた人たちの体験談

ミスタードーナツで実際に働いていた3人の体験談を紹介します。

女子大学生、男子大学生、主婦のそれぞれのリアルな体験談なので参考になると思います。

 

実際のミスドバイト体験談①

ミスタードーナツでのアルバイト経験について、私の体験を共有させていただきます。

私は大学生の頃、忙しい授業の合間にアルバイトを探していました。
そんな中、ミスタードーナツでのアルバイトのチャンスを見つけました。
最初はドーナツ作りのテクニックや接客マナーに不安がありましたが、実際に働いてみると、チームのサポートがあり、スムーズに業務を覚えることができました。

一番印象的だったのは、お客様とのふれあいです。
笑顔でドーナツをお渡しすると、お子様からお年寄りまで、みなさんが喜んでくださる姿が何よりもやりがいを感じさせてくれました。
また、忙しい時間帯はチームワークがとても大切でした。
皆で協力し合いながら、笑顔でお客様にサービスを提供することができました。

その中で、時には大変なこともありました。
忙しい時間帯は体力的にも精神的にもタフな面もありますが、そんな時こそ仲間との絆が強くなり、乗り越えることができました。

ミスタードーナツでのアルバイトを通して、貴重な経験を積むことができました。
接客スキルやチームワーク、忍耐力など、社会に出てからも活かせる多くのことを学びました。
是非、ミスタードーナツでのアルバイトを検討している皆さんにも、素晴らしい経験と成長の機会を提供できればと思います。

 

実際のミスドバイト体験談②

男子大学生の自分がミスタードーナツでのアルバイト経験を振り返ってみます。

大学生活の中で、将来のキャリアを考える一方で、経験を積みたいという思いから、ミスタードーナツでのアルバイトを始めました。
最初はドーナツ作りや接客に不慣れでしたが、先輩スタッフの指導のもと、徐々に業務を覚えていきました。

アルバイトを通じて一番印象に残っているのは、同僚との協力と成長です。
忙しい時間帯には、チーム全体が一丸となって効率よく業務をこなす姿が印象的でした。
その中で、コミュニケーション能力や協調性を身につけることができました。

また、お客様との接客も貴重な経験でした。
笑顔で対応することで、お客様も喜んでくださり、その喜びが自分自身にも良い影響を与えました。
時には難しいお客様もいましたが、その度に冷静な対応を心がけ、問題解決能力も向上させることができました。

ただし、アルバイトと学業の両立は容易ではありませんでした。
時には勉強や授業とのバランスを取るのが難しかったですが、時間管理や効率的なスケジュール管理の重要性を学ぶことができました。

ミスタードーナツでのアルバイトを通じて、自己成長を実感することができました。
将来のキャリアに活かせるスキルや経験を得ることができたことは大きな財産です。
男子大学生の皆さんにも、是非このようなアルバイト経験を積んでほしいと思います。

 

実際のミスドバイトの体験談③

主婦として、ミスタードーナツでのアルバイトを経験した私の体験談をお伝えします。

子育てに追われる毎日の中で、自分の時間も大切にしながら何か新しいことにチャレンジしたいと思い、ミスタードーナツでのアルバイトを始めることにしました。
最初は久しぶりの社会復帰で不安もありましたが、スタッフの皆さんが優しく迎えてくれたおかげですぐに馴染むことができました。

アルバイトを通じて一番楽しかったのは、仕事中に感じる充実感です。
朝早くからドーナツを焼き上げ、店内を美しく整える作業は、自分の手でお店を彩る喜びを感じさせてくれました。
また、お客様とのふれあいもとても心温まるものでした。
特に、小さな子供たちが喜んでドーナツを選ぶ姿を見ると自分も幸せな気持ちになりました。

しかし、家庭との両立は簡単なことではありませんでした。
子供の用事や家事とのバランスを取りながらの勤務は、時には大変なこともありましたが家族の理解とサポートがあったおかげで乗り越えることができました。

ミスタードーナツでのアルバイトを通じて、自分の可能性を広げることができました。
仕事に対する責任感や時間管理能力、そしてチームワークを身につけることができた経験は私の自信にも繋がりました。
主婦の方々にも、家事や育児の合間に新しいチャレンジをする機会を提供できることを願っています。

 

 

まとめ

ミスタードーナツは、幅広い世代に愛される店舗で、様々な形態があります。副業としてミスドで働くことを検討している方には、メリットやデメリットを考慮することが大切です。

【メリット】

☆作業が簡単で朝の時間帯が楽:他の飲食店と比べて作業が簡単で、朝のシフトが楽なこと。

☆年齢層の広い仲間と働ける:各店舗には異なる年齢層のスタッフがおり、打ち解けやすく働きやすい。

☆休憩で無料でドーナツやドリンクが提供される:休憩時間にまかないとしてドーナツやドリンクが食べられること。

☆新作ドーナツの試食特典:新商品が登場する際には従業員が試食できる特典がある。

 

【デメリット】

☆セール期間や忙しい時期は大変:セールや新商品発売時には忙しくなり、ストレスがたまることがある。

☆油汚れの掃除が大変:ドーナツ製造に伴う油汚れの掃除が多く、手が荒れることがある。

☆バイト中はネイルが禁止:ネイルを塗ることができず、除光液で爪を傷める可能性がある。

 

【仕事内容】

☆販売:お客様の注文を受け、ドーナツやサイドメニューの提供、レジ打ち、清掃などを担当する。

☆製造:ドーナツやサイドメニューの製造を行い、在庫管理や売れ行きに応じて製造する。

 

【給料】

☆平均時給は最低賃金程度であり、月収は勤務時間によって変動する。

 

【年齢層】

☆高校生から主婦まで幅広い世代が活躍し、店舗や曜日によって異なる。

 

【採用されるコツ】

☆笑顔や協調性をアピールし、チームプレーが得意な方に向いている。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました