ニートにおすすめの仕事10選と「自分にできる仕事がない」と感じる理由と解決方法

ブランク・社会復帰

ニートの方におすすめの職種10選!経験不問で働ける仕事

ニートでもできる仕事の一例は次の通りです。

1.警備員
2.清掃員
3.営業職
4.プログラマー
5.介護職
6.ドライバー

ニートからの再就職には、求人検索から企業ごとの書類作成や面接対策までのプロセスが必要です。
これらを一人で行うのは容易なことではありません。

しかし、ニートでもできる仕事の選択肢を探る際にネガティブになる必要はありません。

例えば、孤独に強いという特性や、一つのことに集中し続けられる能力があるかもしれません。

 

そのような特性を活かして、ニートに向いた仕事を紹介します。

①ドライバー

運転免許を持っているのであればトラック運転手やタクシードライバーなどが選択肢として考えられます。
運転中は人との交流も少なく、車内での作業が主となります。
安全運転に注意すれば比較的自由な時間が確保できます。
将来的には大型免許の取得なども視野に入れられます。

 

②倉庫作業員

倉庫作業員の仕事内容は以下の通りです。

・商品の受け取り: 輸送車からの商品を受け取り、梱包材の解体や荷役機械の操作を行う。
・商品の格納: 倉庫内で商品を適切な位置に保管する。
・検品: 商品が損傷していないか確認する。
・出荷: 顧客の注文に応じて商品を取り出し、梱包や輸送の準備をする。
・在庫管理: 倉庫内の商品の在庫を監視し、不足している場合は補充する。

 

初心者でも始めやすい倉庫もありますので、ブランクがあるニートの方にも適しています。

メリット

・募集が多い
・適度な運動になる
・ルーティンワークが多い

デメリット

・体力が必要
・不規則勤務の倉庫もある
・重い荷物を扱う際には危険がある

向いてる人の特徴

・体力がある人
・注意力がある人
・ルーティンワークが得意な人

 

 

③工場勤務

黙々と作業し一つのことにこだわりを持って仕事をしたい方には工場での勤務が適しています。

自分の興味関心に合った分野に従事できる場合もありますし、強いこだわりは品質管理などの業務でも役立ちます。

 

④清掃員

清掃の仕事も、コミュニケーションが少なくおすすめです。

黙々と作業をするので、集中力に自信がある方にも向いています。

また、仕事の範囲が明確に決まっているため、突発的なトラブルに対処することが苦手な方にも清掃の仕事は適しています。

 

⑤警備員

コミュニケーションが苦手な方には警備の仕事がおすすめです。

また、長時間待機する場面も多いので、暇な時間にも耐えられる方に向いています。

昼夜逆転している方でも、夜勤の仕事があるため警備員として働くことが可能です。

 

⑥事務員

事務員の仕事内容は以下の通りです。

・書類の作成と整理: 書類の作成、編集、ファイルへの保存
・電話・メールの対応: 電話対応や担当者への転送、メールの送受信など
・スケジュール管理: 会議のスケジューリング、出張の手配、会社のカレンダー管理など
・データ入力と処理: データの入力やデータベースの更新
・在庫管理: オフィス用品の在庫管理と発注
・財務関連: 請求書の作成・発送、支払い管理、給与計算など

初心者でも始めやすい簡単な業務もあるため、ニートの方にも適しています。

また、事務員には以下の種類があります。

・一般事務
・経理事務
・営業事務
・医療事務

 

メリット

・残業が少ない
・土日に休みやすい
・体力的な負担が少ない

デメリット

・単調な作業が多い
・コミュニケーションスキルが必要
・オフィス内の人間関係を保つ必要がある

 

向いてる人の特徴

・注意力がある人
・チームで働くのが好きな人
・コミュニケーションが得意な人

 

⑦配達員

配達員には以下の種類があります。

・郵便配達
・新聞配達
・バイク便
・Uber Eatsなどの配達

配達ミスが許されない責任のある仕事ですが、業務自体はシンプルで始めやすい仕事です。

メリット

・運動になる
・需要が大きい
・一人で仕事ができる

デメリット

・体力が必要
・繁忙期は残業が増える
・事故に遭うリスクがある

 

向いてる人の特徴

・注意深い人
・体力がある人
・方向感覚がある人

 

⑧ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの業務内容は以下の通りです。

・設備のメンテナンスと修理: エアコン、暖房、電気、水道などの設備を維持する。
・清掃業務: ビル内や設備の清掃を行う。
・安全管理: ビル設備の定期的な点検を行う。
・設備の更新: 劣化した設備の交換を行う。
・外部業者との連絡: 専門業者と連携し修理や清掃を依頼する。

電気工事士などの資格が望ましいですが、資格がなくても就職できる求人もあります。

初めは簡単な業務から始めるので、ブランクのある人でも取り組みやすいでしょう。

メリット

・スキルが身につく
・適度な運動ができる
・仕事が安定している

デメリット

・責任が重い
・体力が必要
・緊急時の対応が必要

 

向いてる人の特徴

・体力がある人
・問題解決能力がある人
・継続的な勉強ができる人

 

⑨在宅ワーク

在宅ワークは業務委託のフリーランスとして行われます。

翻訳やライティング、動画編集などの仕事がありますが、スキルが必要です。

メリット

・通勤が不要
・自由な服装で働ける
・職場の人間関係がほとんどない

デメリット

・納期がある
・正社員募集が少ない
・収入が不安定な場合もある

 

向いてる人の特徴

・集中力がある人
・営業力がある人
・独自で働きたい人

 

⑩コールセンター

コールセンターでの仕事には以下のようなものがあります。

・顧客からの問い合わせ対応
・製品やサービスの販売
・顧客フィードバックの収集

マニュアルが整備されている現場が多く、仕事を始めやすい環境です。

メリット

・求人が多い
・残業が少ない
・コミュニケーションスキルが向上する

デメリット

・単調な作業がある
・クレームを受けることがある
・テレアポの仕事にはノルマがある

 

向いてる人の特徴

・問題解決能力が高い人
・臨機応変に対応できる人
・コミュニケーションスキルが高い人

 

 

ニートが「自分にできる仕事がない」と感じる理由と対処法

ニートの方が「自分にできる仕事がない」と感じる原因は次のようなものがあります。

1. 自信がなくてできる仕事がないと感じる場合
2. 仕事にトラウマをかかえている場合
3. 引きこもりの期間が長く、働ける気がしない場合
4. 学歴に自信がない場合
5. ニートはきつい仕事しか就職できないと思っている場合
6. 世の中にどんな職業があるかわからない場合

これらの原因に対処するための方法を以下に解説していきます。

1. 自信がなくてできる仕事がないと感じる場合

・前職での経験が自信を損なっている可能性があります。前職との違いを考え、新しい挑戦に積極的に取り組みましょう。

 

 

2. 仕事にトラウマをかかえている場合

・過去のトラウマを克服するために専門家のサポートを受けることで、新たな職場での挑戦ができるかもしれません。

 

 

3. 引きこもりの期間が長く、働ける気がしない場合

・小さなステップから始めて、自信をつけることが重要です。まずは短時間のアルバイトやボランティアから始めてみましょう。

4. 学歴に自信がない場合

・学歴よりも実務経験やスキルが求められる職場もあります。自分の得意なことや興味を活かせる仕事を探しましょう。

 

5. ニートはきつい仕事しか就職できないと思っている場合

・実際には様々な職種があります。自分に合った職種を見つけるために、職業相談や職業体験を活用しましょう。

 

6. 世の中にどんな職業があるかわからない場合

・職業情報を収集し、興味のある分野や適性に合った職業を探しましょう。インターンシップや職業体験を通じて、実際の仕事内容を知ることも大切です。

 

 

長期の引きこもりで働く意欲がわかない場合

ニート歴が長いと、仕事への取り組み方に自信を持てない人もいます。

例えば

・体力が衰えてフルタイムでの勤務に自信がない
・これまで仕事をしたことがないため、自分が働く姿を想像できない
・日常的なコミュニケーションが少ないため、他人との対話に自信が持てない

このような場合は、まず生活リズムを整えることが重要です。

その上で、短時間の仕事や在宅ワークなど、負担の少ない仕事から始めてみるのも一考です。

 

☆学歴に自信がない場合

高卒や専門卒、または有名大学を卒業していないなど「学歴が不足しているため良い仕事に就けない」と考えているケースもあります。

しかし、学歴不問の求人も存在しますので、まずはそうした仕事に挑戦してみてください。

企業側では人手不足の場合、学歴に関係なく採用されることがあります。

☆きつい仕事しか就職できないと思っている場合

ニートの中には、過酷な仕事やブラック企業しか余っていないと考える人もいます。

しかし、「自分にはそんな仕事はできない」と思ってしまい、踏み出せないケースもあります。

実際には、ニートから就職できる普通の仕事もありますので、安心してください。

☆情報収集が不十分な場合

職業の種類や選択肢がわからないため、「適切な仕事がない」と感じることもあります。

インターネットを活用して職業情報を収集し、自分に合った仕事を見つける努力をしましょう。

有効求人倍率を意識することで、ニートでも採用されやすい仕事を見つけることができます。

需要に対して供給が不足しており、有効求人倍率が上昇しています。
有効求人倍率とは、厚生労働省が労働市場の状況を把握するために使用している指標であり、「求職者1人あたりに対して何件の求人があるか」を示します。
この数値が高いほど、求職者にとって仕事の選択肢が増えることを意味します。

近年の人手不足が主な要因となり、多くの業界で有効求人倍率が上昇しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました