60歳以上におすすめのアルバイトと多様な働き方

パート・アルバイト

60歳以上の方に向けて、働く意欲を持つ方が多い一方で、「再就職に不安を感じる」という声をよく聞きます。

特に、これまでの経歴や長期間の離職など、新たな職場でのアピール方法に悩むことでしょう。

そこで、60歳からの再就職に有利な3つのポイントを紹介します。

 

60歳からの多様な働き方とおすすめアルバイト

☆60歳からの再就職に有利な3つのポイント

☆60歳以上の方でも適した仕事の特徴3つ

☆シニア向けのおすすめアルバイト17選

☆60歳からの働き方の多様性

☆まとめ

 

60歳からの再就職に有利な3つのポイント

1. 豊富な人生経験とキャリア

過去の経験は、新しい仕事においても活かせます。
異なる分野でも、人生経験が即戦力となることがあります。
家事や趣味など、さまざまな経験から得たスキルも見直してみましょう。

 

2. コミュニケーション能力

サービス業や接客業など、人との関わりが多い職種では、コミュニケーションスキルが重要です。
円滑なコミュニケーションは、企業にとって貴重な資産となります。
また、チームでの協力も求められるため、その点も意識しましょう。

 

3. 柔軟な勤務時間

シニア世代は、比較的自由な時間を持っています。
この柔軟性は、様々なシフトに対応する上で利点となります。
特に早朝の勤務など、他の世代よりも適応しやすいかもしれません。
ただし、無理は禁物ですので、自身のペースを守りながら行動しましょう。

 

 

60歳以上の方でも適した仕事の特徴3つ

今回は、60歳以上の方でも働きやすい仕事の特徴について、3つの要点を紹介します。
具体的な職種が思い浮かばない方は、ぜひ参考にしてください。

 

特徴① 身体的負担の少ない仕事

健康面で不安のあるシニア世代には、身体的負担が少ない仕事が適しています。

適度な運動は健康維持に役立ちますが、無理な負荷はケガの原因にもなりかねません。注意が必要です。

 

特徴② 未経験者やシニア向けの仕事

これまでの経験とは異なる職種に挑む場合は、「未経験OK」の仕事が適しています。
未経験OKの職場は、研修やマニュアルが整っており、自分のペースで業務を覚えられます。

また、「シニア歓迎」の仕事も検討すべきですが、その職場で実際に60歳以上の方が活躍しているか確認することが大切です。

 

特徴③ 資格や経験を活かせる仕事

資格や経験が直接活かせる職種は、自身の働きやすさだけでなく、職場にとっても価値のある存在となります。
例えば、保育士資格を持つ方が保育に従事する場合などが該当します。

このような分野では、既に持っている知識が役立つため、仕事に慣れるまでの時間が短縮される利点もあります。
自分の経験が他人の役に立つことにやりがいを感じ、働きやすさが向上するでしょう。

 

 

シニア向けのおすすめアルバイト17選

 

以下では、シニア世代向けの適した仕事をいくつか紹介します。

1. 施設警備員(セキュリティスタッフ)

工事現場や交通誘導などで見かける施設警備員は、60歳以上の方にも無理なく適した職種です。
男性だけでなく、女性の施設警備員も増加中です。
研修制度が整っており、未経験でも採用されやすいのが特徴です。
安全を守るやりがいを感じられる仕事です。

 

2. ドライバー

タクシーや郵便物の配達、運送業など、様々なドライバーの仕事があります。
地域や勤務先によって時給は異なりますが、多くの場合、シニア世代も歓迎されています。
免許の取得支援制度もあり、未経験でも挑戦しやすい環境です。
男女ともに活躍できる人気の職種です。

 

3. 工場作業員

製造業の工場で行われるライン作業を担当する工場作業員も、シニア向けのおすすめ仕事です。
単純作業が主体であり、経験や年齢に関係なく働きやすい環境が整っています。
夜勤や早朝勤務もありますが、自身に合った勤務体系を選ぶことができます。

 

4. 家事代行

家事代行は近年注目されている職種の一つです。
未経験者向けの求人が多く、60歳以上の方にも人気があります。
専業主婦経験者なら即戦力として活躍しやすい仕事です。体力は必要ですが、短時間勤務の求人も見受けられます。
家事スキルを活かしたい方におすすめです。

 

⑤保育・介護スタッフ

保育スタッフの平均時給は1131円、介護スタッフは1000~1600円です。

保育や介護の現場では人手不足が続いています。
保育士は資格が必要ですが、保育補助やベビーシッター、学童スタッフなどは資格不要の求人もあります。
介護業界も同様で、事務関連や介護補助など、無資格から始められる職種があります。

これらの仕事は体力が必要ですが、シニア世代向けの短時間勤務の求人も多くあります。無理なく働ける環境で、やりがいを感じながら楽しく働けるでしょう。

 

data-enter

⑥事務職

パソコンに抵抗がなければ、事務職は安定して長く働ける職種です。
データ入力などの一般的な事務職だけでなく、コールセンターやテレオペの求人も多くあります。

コールセンターは大変というイメージがありますが、シニアならではの経験やコミュニケーションスキルが活かしやすい仕事です。

 

 

house-keeper

⑦ハウスキーパー

ハウスキーパーの仕事は掃除や片付け、清掃などが主な内容です。
ホテルや介護施設、一般家庭などで働くことができます。
一般家庭の場合は、家主の都合に合わせて日程を調整することもあります。

 

⑧販売スタッフ

販売スタッフは、来店するお客様のサポートをする仕事です。
お客様への対応や製品の説明、返品や払い戻しの対応などが主な業務です。
対面でのコミュニケーションスキルやカスタマーサービスのスキルが求められます。

 

⑨コールセンタースタッフ

コールセンタースタッフは顧客からの問い合わせに対応し、製品の購入につなげる仕事です。
電話やチャット、メールでの顧客対応や問題解決が主な業務です。
コールセンターでの勤務だけでなく、在宅でのオペレーターとしても働くことができます。

 

⑩コンテンツライター

時給:1,502円
主な業務:個人のブログや企業のウェブサイトに記事を執筆するのがコンテンツライターの仕事です。
記事のテーマ設定やリサーチ、執筆、校正、編集者とのやり取りなどが主な業務です。
金融、法律、音楽、料理など、様々な分野で専門知識を活かしたライターが活躍しています。
この職種には、CMS(コンテンツ管理システム)の知識や優れた文章力が必要です。

 

⑪銀行窓口業務員

時給:1,279円
主な業務:銀行窓口業務員は、金融サービスと顧客サポートを担当し、顧客の銀行業務を手助けします。
接客や相談業務、口座管理、入出金や送金、両替などを行います。この仕事には、対面コミュニケーションスキルと銀行業務に関する詳細な知識が必要です。

 

⑫一般事務アシスタント

時給:1,381円
主な業務:一般事務アシスタントは、事務処理を支援し、職場の要件に応じて業務を行います。
書類処理、会議のスケジュール調整、議事録作成、スケジュール管理、備品管理、業者との連絡、ファイル整理などが含まれます。
この仕事には、細心の注意とマルチタスク能力が必要です。

 

⑬医療事務員

時給:1,188円
主な業務:医療事務員は、患者の会計業務や健康保険組合への請求業務を担当します。
診療所やクリニック、医療機関などで働きます。
医療費に関する書類の作成、送付、記録管理などのスキルが求められます。

 

⑭ベビーシッター

平均時給:1,855円
主な業務:子供の保護者が外出している間に、子供のお世話をする仕事です。
個人宅を訪問する場合もありますし、住み込みの場合もあります。
子供の遊びの見守りや、規則正しい昼寝や就寝時間の習慣を守ることに加えて、宿題の手伝いや食事の準備、簡単な掃除なども行います。
子供と保護者の双方と効果的なコミュニケーションが重要です。

 

⑮会計スタッフ

平均時給:1,569円
主な業務:会計スタッフは企業の財務記録を管理する仕事です。
入金処理や出納帳の作成、会計報告書の監査や数字の調査、給与計算や請求書の処理などが主な業務です。
会計ソフトウェアやスプレッドシートの知識が必要です。

 

⑯ペットシッター

平均時給:1,386円
主な業務:ペットケアテイカーは飼い主が不在の間、ペットの世話をします。
日常的な訪問や数日間のペットの世話をすることもあります。
ペットの世話や遊び相手としての役割に加えて、トイレの清掃、給餌、水の交換、軽い運動なども行います。
動物愛好家で、飼い主の指示に従うことが必要です。

 

⑰家庭教師

平均時給:1,674円
主な業務:家庭教師は学校の授業外で学生の学習を支援します。
生徒の理解を助けたり、宿題を手伝ったりします。
また、テスト対策や学習のヒントを提供し、学習効果を高めるサポートも行います。
特定の科目に詳しいことが求められ、元教師や教育関係者にとって適したアルバイトです。

 

 

60歳からの働き方の多様性

これまでさまざまな職種を紹介してきましたが、60歳以上の方でも十分に適応できる職種があることがお分かりいただけたことでしょう。
しかし、60歳からの働き方にはどのような選択肢があるのか、気になる方もいることでしょう。
ここでは、シニアの働き方として、「再雇用」「再就職」「個人事業主」という3つの選択肢を紹介します。

 

再雇用

再雇用制度は、かつての正社員が同じ会社で再び働く制度です。
通常、正社員以外の形態での雇用が一般的ですが、一部の企業では再び正社員として雇用されることもあります。
自身のキャリアを活かして同じ職場で働きたい方に適しています。

 

再就職

これまでの職場を離れ、新しい職場を探すことを再就職といいます。
60歳以上の場合、パートタイムや派遣、嘱託社員などの形態が一般的です。
シニア向けの求人は増加傾向にあり、給与や雇用形態にこだわらなければ見つけることができます。

新しい分野での再就職もありますが、長く働くためには学び続ける姿勢が大切です。

 

 

個人事業主

働き方に拘束されない選択肢として、個人事業主があります。
自身の好きな働き方を実現でき、経験やスキルを活かせるメリットがあります。
シニアの起業も増加していますが、正しい情報や知識の習得が重要です。

 

 

まとめ

自分に合った仕事を見つけよう!
60歳以上の方でも新たに仕事を始めることは問題ありません。
しかし、年齢による不安を感じる方もいるでしょう。

楽しく充実した気持ちで働き続けるためには、以下のポイントに注意しましょう。

肉体的な負担が少ない仕事

未経験やシニア歓迎の仕事

資格や経験が活かせる仕事

特に、夜勤や連続勤務など体への負荷が大きいシフトにならないように注意しましょう。
また、相談に乗ってくれる職場であれば、無理なく働き続けることができます。

シニアの積極採用を行う企業も増えており、高齢者の活躍に関心が高まっています。
これからも60歳以上の雇用は増加していくでしょう。

年齢を理由に躊躇せず、まずは興味を持てる求人を探してみましょう。
仕事を通じて社会とのつながりを持ち、健康にも良い影響を与えるでしょう。
毎日を充実させるために、採用担当者に連絡し、気になることを聞いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました