スタバのバイトはやめとけ?実際の体験談やみんなの声をまとめて解説

パート・アルバイト
主婦①

「スタバでのアルバイトって大変なの?」

スターバックスは、洗練された雰囲気で学生たちに愛されるアルバイト先ですね。

しかし、実際にはその華やかなイメージとは裏腹に、働く中で感じる「ハードな部分」も存在します。

スタバで働く前に、具体的な仕事内容や気になるポイントを知りたいと思うでしょう。

そこで、このページではスタバのアルバイトでの業務内容や働く上でのメリット・デメリットを紹介していきます。

それに加えて、口コミサイトには掲載されていない、実際のスタバアルバイト経験者たちの感想もお届けしています。最後までぜひご覧ください。

 

スターバックスのバイトはやめたほうがいい?実体験やリアルなみんなの声などもまとめて解説

この記事の内容

☆スターバックス専用の初期研修がある

★スターバックスのアルバイトの主な仕事内容

☆服装・身だしなみの注意点

★スタバで働くメリット

★スタババイトの大変なところ

☆スタババイトに向いているのはどんな人?

バイト面接の質問とふさわしい服装

☆実際の体験談やリアルなみんなの声

 

 

スターバックスでのアルバイトでは、入社時に初期研修が用意されている

アルバイトとして採用されると、最初の2〜3ヶ月(80時間)は研修期間が設けられます。
この期間では、接客やドリンクの作成などの具体的な業務内容だけでなく、スターバックスのミッションに基づく働き方の意識や、「なぜその行動が求められているのか?」といった自発性も重視され、仕事の目的を根本的に理解できるように徹底的に教育されます。

 

初期研修は、座学と実技の2つのアプローチが組み合わさっています。

1. 座学: スターバックスの専用アプリを使用し、動画と文章を交えながら、レジ接客やドリンクの作成手順などを学びます。

2. 実技: 座学で習得した知識を実際の業務に応用し、レジ接客やドリンクの作成・提供を実践します。

研修は3つのブロックに分かれており、各ブロックの終了ごとに座学と実技のテストが課されます。

全てのブロックを合格すると、最終的にはバリスタ認定と呼ばれるテストを受験する資格が得られ、これに合格することで研修が完了し、独り立ちが可能となります。

 

スターバックスでのアルバイト、どんな仕事内容?

初期研修を経て働くことが可能になります。
それでは、スターバックスのアルバイト業務について紹介します。

スターバックスのアルバイト業務は、大まかに以下の4つに分かれます。

1. レジ接客(レジ)
2. ドリンク作成・提供(バー)
3. カスタマーサポート(CS)
4. オーダーサポート(OS)

これらのポジションは1~2時間ごとに交代し、独自のルーティーンが組まれています。
また、勤務時間によっては「オープン作業」と「クローズ作業」も行います。

それでは、上記の4つの業務について順を追って説明していきます。

1. レジ接客(レジ)
お客様を最初に迎え、注文を受けます。
挨拶から金銭授受までの一連の流れには、正確なレジ入力だけでなく、気軽な挨拶や良好なコミュニケーションも求められます。
最初は商品の探し方に苦労するかもしれませんが、慣れるとスムーズに行えるようになります。
お会計の際には様々な支払い方法があり、お客様への感謝を伝えながら注文を終えます。

 

2. ドリンク作成・提供(バー)

レジで受けた注文に基づいて、その場でドリンクを作成し提供します。
バー1とサポートをするバー2という2つのポジションがあり、忙しい時には2人で担当します。
スターバックスのドリンクのレシピや手順を全て覚え、忙しい時間帯には迅速で正確な作業が求められます。

 

3. カスタマーサポート(CS)

基本的には何でもするポジションで、エプロンにタイマーをつけて店内を回ります。
テーブル拭きやゴミ捨て、店内の清潔維持やドリップコーヒーの管理などを行います。
自発的に仕事を見つけ、実行する能力が求められます。
特に新人にとっては、何をすべきかまだ分からない段階でのポジションです。

 

4. オーダーサポート(OS)

混雑時にレジのサポートをする役割で、ドリップコーヒーの入れたり、フードを温めたり、レジがスムーズに回るようなサポートをします。
初めはベテランが多く担当することがあります。

 

 

働く際の身だしなみの留意点

スターバックスは飲食店であり、清潔感は極めて重要です。同様に、第一印象も同じくらいに重要となります。

そのため、印象を良くするように心がけましょう。

また、身だしなみについては、2021年8月2日にドレスコードが改訂され、スターバックスの理念が「人種、年齢、性別などあらゆる違いを認め合い、お互いの自分らしさを尊重するために」と変更されました。

これにより、服装や髪色に関する選択肢が増え、デニムや一部の帽子の着用が許可されました。

言い換えれば、個性を自由に表現できるようになりました。服装や髪色に関する基本スタイルは以下の通りです。

 

★緑のエプロン(お店から支給されます。)
★トップス(ホワイト・ブラック・ベージュ・グレー・ネイビー・デニム・ブラウン)
★ボトムス(ブラック・ベージュ・グレー・ネイビー・デニム・ブラウン)※白はNG
★スカート・ワンピース・タイツもOK
★靴下(何色でもOK)
★靴(ブラック・ベージュ・グレー・ネイビー・ブラウン)※白はNG
★ネクタイ、帽子(キャップ・ハンチング・ハット)もツバ5cm以内であればOK
★髪型・髪色は自由

 

 

スターバックスのアルバイトで得られる利点とは?

これまでスターバックスのアルバイトの内容について紹介してきましたが、続いてはスターバックスでのアルバイトの利点について解説していきます。

スターバックスでのアルバイトの利点は以下の6つです。

1. 高度な接客スキルの習得
2. 就職に有利な経験が得られる
3. コミュニケーション能力の向上
4. コーヒーに関する知識の獲得
5. 無料でドリンクが楽しめる!・パートナー割引制度
6. 豊富な人間関係の機会

 

それでは、これらを順に詳しく解説していきます。

1. 高度な接客スキルの習得

スターバックスでのアルバイトの最初の利点は、「高度な接客スキルの習得」です。

スターバックスは人材育成に力を入れており、アルバイトスタッフも正社員と同じ教育プログラムを受けることができます。
そのため、他のアルバイトに比べて高い水準の接客スキルを身につけることができます。
仕事仲間たちは、接客に対するモチベーションが高く、お客様に感動を提供したいという姿勢を持っており、共に働くことでお互いに刺激し合い、接客技術を向上させることができます。
また、スターバックスでは接客マニュアルが存在しないため、お客様に喜ばれる接客を自ら考え、実践することが求められます。

そのため、接客スキルを向上させるだけでなく、自分の人間性も高めることができる環境といえます。

 

2. 就職に有利な経験が得られる

スターバックスでのアルバイトの次の利点は、「就職に有利な経験が得られる」ことです。

大学生時代にスターバックスでアルバイトを経験することは、将来の就職において有益です。
単に企業の評価が高いだけでなく、スターバックスでのアルバイトを通じて培った能力や経験が将来の仕事に繋がることがあります。

接客マニュアルがないため、自らの頭で考えて行動する能力が求められますが、これにより自己主張ができるようになります。

指示に従うだけでなく、自らの意思で行動できる人は、どんな環境でも重宝されます。

就職に役立つかどうかは個人にかかっていますが、将来の自分の目標をイメージし、成長する過程で自分を追い込むことは将来に役立つでしょう。

 

3. コミュニケーション能力の向上

スターバックスでのアルバイトの3つ目の利点は、「コミュニケーション能力の向上」です。

お客様や共に働く仲間との交流を通して、コミュニケーション能力を高めることができます。

多くの人が「コミュニケーション能力を向上させたい」という理由でスターバックスでアルバイトを始めることがあります。
最初は「人と話すのが苦手…」と感じているかもしれませんが、スターバックスで働くうちに自然に克服できることもあります。スターバックスのアルバイトでは、多くの人と出会い、日常的に会話の機会が豊富です。
このため、会話の楽しさを知ることができ、コミュニケーション能力が向上するでしょう。

 

 

4. コーヒーの知識の獲得

スターバックスでのアルバイトの4つ目の利点は、「コーヒーの知識の獲得」です。

スターバックスでは数十種類ものコーヒーが提供されていますが、アルバイトではこれらのコーヒーについて詳しく学びます。
専用のノートをもらい、コーヒーを飲んで感じたことを記録し、各コーヒーの特徴を簡潔に説明できるように勉強します。

スターバックスでは日々異なるコーヒー豆が使用されるため、毎日の勤務前にテイスティングが行われます。
このため、様々なコーヒーに触れる機会があり、自然とコーヒーに関する知識が身についていきます。

また、スターバックスでアルバイトをすると、週に一度、好きなコーヒー豆を100gもらえるという特典もあります。

 

 

5. 無料でドリンクが楽しめる!・パートナー割引制度

スターバックスでのアルバイトの5つ目の利点は、「無料でドリンクが楽しめる!・パートナー割引制度」です。

スターバックスでは、出勤時、休憩時、退勤時に無料でドリンクが楽しめます。
どんなメニューでも、カスタマイズしても無料です。
スターバックス愛好者にとっては非常に嬉しい特典といえるでしょう。

さらに、全国のスターバックスでドリンクやフードが30%オフになるパートナー割引制度もあり、まとめて購入すると家族や友達の分までお得になります。

 

 

6. さまざまな出会いがある

スターバックスでのアルバイトの6つ目の利点は、「豊富な人間関係の機会」です。

スターバックスではさまざまな人との出会いが期待できます。
共に働く仲間はもちろん、お客様とも顔見知りになり、仲良くなることもあります。
出会いの機会は多岐にわたり、スターバックスで働くことで様々な人との交流が期待できます。

また、スターバックスで働いているスタッフたちは人間性が良好で、魅力的な人が多いです。
これにより、仕事仲間やお客様との関係を通して、自分の人間性やコミュニケーションスキルを向上させることができます。

 

 

スタバのアルバイトで感じる3つの大変なところ

先ほどはスタバのアルバイトの良い面についてお伝えしましたが、反面、「きつい」と感じるハードシップも存在します。

スタバのアルバイトにおけるハードシップは以下の3つです。

1.多岐にわたることを覚えねばならない
2.報酬が十分でない
3.混雑時の忙しさ

それでは、順を追って詳しく説明します。

 

1. 多岐にわたることを覚えねばならない

スタバのアルバイトで感じる最初のハードシップは、「多岐にわたることを覚えねばならない」という点です。

スタバでは、初日の研修から覚えるべきことが非常に多岐にわたります。
暗記が苦手な方にとっては、正直なところ厳しいかもしれません。

ドリンクのレシピや分量、さまざまなカフェ用語、コーヒー豆に関する知識など、勤務時間以外でもメモ帳を見ながら暗記しなければ覚え切れないかもしれません。

アルバイトとはいえ、バリスタというプロの名にふさわしい仕事ぶりが求められます。
スタバでは新商品が頻繁に登場するため、都度新しいレシピを覚え、実際に試してみることも必要です。
従って、スタバのアルバイトは初めだけでなく、継続的に暗記が求められます。

 

 

2. 報酬が十分でない

スタバのアルバイトで感じる2つ目のハードシップは、「報酬が十分でない」という点です。

特に東京の場合、最初は時給1000円前後となります。
ただし、バリスタの経験が増えると時給もアップする傾向があります。

大学生など時間が限られている人にとっては、効率的とは言えませんが、時給以上に得られるものも存在します。
勤務時には好きなドリンクが無料で楽しめるし、パートナー割引も利用できるため、時給のみで判断するのは難しいかもしれません。

 

 

3. 混雑時の忙しさ

スタバのアルバイトで感じる3つ目のハードシップは、「混雑時の忙しさ」です。

飲食店ではよくある光景ですが、混雑時は結構ハードな状況です。
慣れるまでは、正直きついと感じるでしょう。

レジでは迅速でスムーズな対応が求められ、バーでは正確かつ迅速にドリンクを作り上げなければなりません。

したがって、休憩する暇もなく、ずっと動き続けることになります。
体力に自信がない方にとっては、かなりハードに感じることでしょう。

 

 

スターバックスのバイト向きなのはどんな人?

ここからは、スターバックスのバイトに適している人の特徴について簡単にご紹介します。

スターバックスのバイト向きの人物は、以下の7つの特徴があります。

 

★スターバックスが大好きな人
★人を笑顔にすることが好きな人
★お客様をよく観察し、ニーズを読み取ることができる人
★将来の目標やどんな自分になりたいかをしっかりと把握している人
★記憶力が優れている人
★謙虚で協調性がある人
★自己成長への意欲が高い人

 

 

スターバックスのアルバイト面接での質問とふさわしい服装

スターバックスのアルバイトの面接では、どんな質問が飛ぶのか気になることでしょう。
それでは、スターバックスのアルバイト面接でよく聞かれる質問や服装に関する重要なアドバイスをご紹介いたします。

スターバックスのアルバイト面接で頻繁に出る質問は以下の12項目です。

1. 簡単な自己紹介
2. 自分の強みと弱み
3. 志望動機(スターバックスで働きたい理由やその背景)
4. これまでのスターバックスでの接客経験で印象深かったエピソード
5. 将来の目標
6. 最近感動したこと
7. お気に入りのスターバックスメニュー
8. 希望する勤務シフトや出勤可能な時間帯(早朝や深夜に対応できるか)
9. 現在からの入社可能な日程
10. 長期的な働き方の意向
11. 面接官に向けた質問(積極的な質問は重要)
12. その他、想定される質問

 

これらの質問に対するしっかりとした回答のためには、面接前に十分な準備をしておくことが良いでしょう。
また、面接の前には店舗を訪れて雰囲気やスタッフの様子を把握しておくと良いでしょう。

面接に備えて、スターバックスの関連書籍を読むことで、印象に残るトピックが見つかるかもしれません。

 

面接の際の服装には清潔感が重要です。

スーツでなくても良く、襟のついたシャツや適切なズボン、もしくは短すぎないスカートがふさわしいです。
スターバックスでの仕事のイメージに合った服装を選ぶようにしましょう。

また、過度なアクセサリーや派手なネイル、香水などは避け、第一印象を大切にし、明るく笑顔で挨拶することも忘れずにしましょう。

 

 

スターバックスのアルバイトの実際のエピソードやユーザーの声は?

それでは、最後に、スターバックスのアルバイトにまつわる実際のエピソードやSNSから引用したコメントをご紹介しますので、これらを参考にしてみてください。

 

①最初の2ヵ月はけっこうハード

 

正直なところ、スターバックスのアルバイトを始めた最初の2ヵ月は相当ハード。

 

②面接の質問はかなり本格的

大学時代に働いていた頃。スターバックスの面接では、3つの良い点を挙げてみろとか、これまでのスターバックスでの印象深い出来事を話してみろとか、外国人が英語で注文してきたりと、結構変わった質問があったよ。

 

③就職に有利になるか?

主婦④

スターバックスでアルバイトした経験が、就職に有利になるのかってよく聞かれるよね。
息子はスターバックスで3年近く働いていたけど、特にメリットは感じなかった。
6回の面接で3回内定をもらったけど、時給に比べて結構忙しく、ただスターバックスでアルバイトしているだけで、周りが勝手にイケメン扱い(そこそこマトモなレベルだけどね)。
混雑対策やお客さんとの会話でコミュニケーションスキルは向上するから、そこは面接の印象を良くする一因かも。

 

④意識の高いスタッフが多い

 

主婦⑤

一時期働いてたけど、あそこはなんとなく意識の高い人や充実感のある人が多いと感じた。
全体の雰囲気に馴染めなくてやめた。もちろん、店舗によっても雰囲気は違うだろうけど。

 

⑤みんなが感じが良い

 

スターバックスのスタッフは確かに可愛い人が多い。
でもそれ以上に、みんなの感じがいいと思う。
サービス業だから当然と言えば当然だけど、それでもそこは徹底されている。

 

 

まとめ

1. スターバックスのバイトでの服装について

服装は清潔感があり、スーツでなくても良いが、襟付きのシャツや適切なズボンが良い。
派手なアクセサリーやネイル、香水は控えめに。
スマイルで明るく挨拶することが重要。

2. スターバックスのバイト面接での質問と適切な服装

面接で聞かれる質問に備え、事前に考えておくと良い。
店舗を訪れ、雰囲気やスタッフの様子を観察することがオススメ。
スターバックスの関連出版物を読んで印象に残るポイントを見つける。

3. スターバックスのバイトに向いている人の特徴

スターバックスが好きな人。
人を笑顔にすることが好きな人。
お客様をよく観察し、ニーズを読み取ることができる人。
将来の目標や成長意欲がある人。

4. スターバックスのバイトでのメリット

高い接客レベルの学び。
就職に有利な経験。
高まるコミュニケーション能力。
コーヒーの知識の獲得。
無料でドリンクが飲める・パートナー割引がある。
多くの出会いがある。

5. スターバックスのバイトでのデメリット

覚えることが多い。
給料が高くない。
混雑時が大変。

6. スターバックスのバイトの評判・体験談

意識高い系が多い印象。
スタッフは感じが良く、サービス業に徹底している。
面接の質問は本格的で、経験者によれば就活にはあまり有利ではないとの声もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました