元店員が解説!スーパーのレジ打ち係の仕事内容や求人、時給、体験談

パート・アルバイト

スーパーのレジ係の仕事

スーパーのレジ係は、主に「チェッカー」と「キャッシャー」という2つの役割を担います。

 

1. チェッカー: 専用のレジ端末を使用して商品のバーコードをスキャンする仕事を担当します。

 

2. キャッシャー: お金の取引を管理し、お客様からお金を受け取り、レジに入金してお釣りを返す役割を果たします。

 

最近のスーパーでは、お金の計算とお釣りの返却を自動的に行うシステムも導入されており、キャッシャーの仕事が変化しています。

現金の取引は比較的簡単ですが、クレジットカードや電子マネー、ポイントカードを使用した支払いに関する操作は複雑であり、徹底的なマニュアルの理解が求められます。

 

スーパーでは、お客様が買い物を終えた商品を袋詰めする仕事(サッカー)は、通常、お客様自身に行ってもらうことが一般的です。

したがって、スーパーのレジ係がサッカーを行うことはめったにありません。
また、お客様が少ない時間帯には、POP作成、商品検査、陳列などの補助的な仕事を行うこともあります。

 

スーパーでのレジ係の仕事に特別な資格やスキルは必要ありません。アルバイトとして働く場合、経験がなくても採用される機会が多いです。

 

一方、レジ業務に特化した正社員の求人は一般的ではなく、スーパーの経営に関連する業務(商品発注やスタッフ教育など)を担当することが必要です。

 

スーパー(レジ係)の求人を見つける方法

スーパーのレジ係の求人情報は、通常、各スーパーの店舗内の求人掲示板などで掲載されています。

電話番号などの連絡先をメモし、応募の際に利用しましょう。

一部の人は店舗に直接応募することもありますが、店舗側からすると都合があるため、可能であれば一度店舗外から連絡しましょう。

家の固定電話からの連絡が適しています。

携帯電話を使用する場合、電波が弱まる可能性もあるため、気をつけてください。

 

求人サイトも定期的にスーパーのレジ係の求人情報を提供していますので、定期的にチェックしておくことをお勧めします。

 

 

スーパー(レジ係)の給与について

スーパーのレジ係の給与は、時給制であり、一般的には800円から950円程度が相場です。

スキルや経験がそれほど必要ないため、高収入を期待することは難しいでしょう。

経験を積んでも、時給の大幅なアップは期待できないため、高収入を求める場合は他の仕事を検討することが良いでしょう。

正社員の場合、初任給は約16万円から18万円程度です。

 

 

スーパー(レジ係)に関するQ&A

レジ業務に関連する資格は存在しますか?

スーパーのレジ係に関連する資格として、「チェッカー技能検定」という資格があります。
この資格は、新日本スーパーマーケット協会が実施しており、年間で約2,000人の受験者がいる程度です。
この資格を取得することで、正確なレジ業務、迅速な対応、お客様とのコミュニケーション力などが評価され、レジ業務の求人探しにおいて有利になることがあります。

 

 

スーパーで働く前に検討すべきポイント

スーパーでのアルバイトを検討する際、以下のポイントに注意することが重要です。

1. 従業員と仕事の雰囲気を見る

働きたいスーパーに実際に訪れ、従業員がどのように働いているかや業務の手順、雰囲気を観察しましょう。

レジ業務に専念できる場所もあれば、品出しとの兼業が求められる場所もあります。

スーパーによって業務内容が異なるため、事前に偵察することは大切です。

 

 

2. 自分に合ったスーパーを選ぶ

自分の得意な点や好みに合わせて、スーパーを選びましょう。

計算が不得意な方は自動計算機能のあるスーパーを、急かされるのが嫌な方はお客さんが少ないスーパーを選ぶことができます。

 

スーパーの研修について

スーパーのレジ業務は簡単に見えるかもしれませんが、実際には多くのマニュアルが存在し、お客様との直接的な対応が求められるため、研修期間が設けられています。通常、2週間から1か月程度の研修が一般的です。

大手スーパーでは、専用の研修室があり、研修担当者がお客さん役を演じてロールプレイングの研修を行います。

一方、小さなスーパーでは研修室がないため、先輩のサポートを受けながら、実際のお客さんに対する研修が行われます。

接客業の経験がない場合、初めてのお客さん対応にプレッシャーを感じることもあるかもしれません。

しかし、研修中は名札を付けているため、お客さんも寛大な目で受け入れてくれることが一般的です。

最初はミスをすることもあるでしょうが、マニュアルをしっかり覚えることに焦点を当てましょう。

 

 

レジ係経験者の声

1. 学生時代のレジバイト

学生時代に大きなスーパーでのレジバイトを経験しました。日々、多くのお客様が訪れ、特に昼と夕方は非常に混雑し、複数のレジが行列になることがよくありました。
仕事は商品をスキャンし、お金を受け取り、お釣りを返すという同じ作業の繰り返しで、難しい部分はあまりありませんでした。
毎日の接客を通じて、さまざまなお客様と顔見知りになり、楽しく働くことができました。

 

2. 近所の小さなスーパーでのパート

現在、家の近くの小さなスーパーでパートをしています。
レジ業務自体はそれほど難しくありませんが、カウンター業務では会員証の発行手続きやクレーム対応なども行わなければならず、時折精神的に負担を感じることがあります。
周りの同僚は年齢の高い方々が多いため、人間関係に苦労することもあります。

 

3. 正社員としてのJA系列スーパー勤務

JA系列のスーパーで正社員として働いています。
レジの2級試験に合格しました。
この職種に向いているのは、明るく元気な方です。
さまざまなお客様が訪れるため、臨機応変な対応が求められます。クレームや苦情も多いですが、お客様からの感謝の言葉を受けると喜びを感じます。
現在は商品の管理も行っており、陳列やレイアウト変更など、お客様の立場を考えながら日々の業務を行っています。

 

 

 

人と対話を楽しむ人に向く仕事

以前、食品スーパーでレジ係をしていました。

レジ係の仕事は、比較的時給が低く、週末や祝日のシフトに入ることが一般的です

。季節にかかわらず、室温が快適な場所ではなく、長時間立ちっぱなしの仕事であるため、足元からの冷えに対処する必要がありました。

私の勤務地は大阪で、地域には高齢者が多かったため、レジでお客様と会話する機会が頻繁にありました。

お客様との短い会話が数分間で顔見知りになることもあり、街中で声をかけられたり、お菓子を差し入れてもらったりすることもありました。

レジ係の仕事は、単なる孤独な作業ではなく、接客業です。

迅速かつ正確に作業をこなすことはもちろん大切ですが、人と対話を楽しむことが好きな人にも向いています。

 

 

慣れると楽しい

supermarket-stocking-shelves

高校時代、スーパーでレジのアルバイトをしていました。

当時は現在のようにおつりが自動で計算される便利な機能がなかったので、おつりを誤ることは避けなければならなく、それに対するプレッシャーは結構大きかったです。

誤った場合は反省文を書くこともありましたので、精神的にはかなりハードでした。

割引や商品券の使用など、覚えるべきことが多かったため、仕事は想像以上に難しかったです。

お客様の列も途切れず、休憩する余裕はありませんでした。

慣れるまでには時間がかかりましたが、スキルを磨く過程が楽しく、スムーズに仕事を進められるようになったときにはやりがいを感じました。

どの仕事も同じで、実際に経験してみないと、その仕事の楽しさに気付けないことでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました